太陽光パネルの過積載をご存知ですか?

 

①太陽光パネルの過積載とは?

 

近年、産業用太陽光発電に限らず住宅用においても【太陽光パネルの過積載】という手法が一般的になってきています。

 

この、過積載とはパワコンの定格容量に対して、太陽光パネルに容量をおおきくすることを意味します。

 

世間で耳にするトラックなどの過積載とは言葉は一緒ですが、トラックなどの過積載とは違い太陽光パネルの過積載はネガティブな意味合いではございません。

 

最近の産業用太陽光発電所では200%近いスーパー過積載の事例も見受けられます。

 

弊社の推薦するSIソーラー社の太陽光ですと、160%の過積載まで、ラインナップがあります。

 

 

メリット、デメリット

 

・メリット

太陽光パネルの過積載のメリットとして、

 

・発電量増加

・パワコン台数減によるコスト削減

などがあげられます。

 

過積載とは、パワコンの容量よりも、多くの容量のパネルを設置するといもの。太陽光パ根雨の最大出力はパネルの設置枚数に比例するため、過積載をすれば、発電量が増え、少ない日照量でもしっかり発電量を確保できます。

 

・デメリット

・非常用電源の確保に不安

 

従来パワコン2台のところが過積載によってパワコン1台になってしまうことがあります。天災などで、予備電源が必要なときにパワコンが故障するなどのタイミングが重なった場合など、過積載によって想定外の不利益が発生する場合があります。

 

ご自身の災害時の非常用電源としての期待値がどれほどなのかにより、方針が決まってきます。

 

 

③パワコンメーカーは過積載を認めてるのか?

現在、SIソーラーでは、ドイツのSMAと日本のオムロンのパワコンを使っています。

 

SMAでは200%、オムロンでは上限はありません。

 

売電単価が下がってきた近年では収益性を上げるために太陽光パネルの過積載はトレンドの一つになっています。

 

 

ご興味ございましたら、いつでも、お電話お問い合わせフォームよりご連絡お待ちしております。

モデルハウスへの案内、資料の郵送をいたします。