どのように効率的なのか?

前回に続いて今回もECO-I換気に関するお話です。

 

 

ECO-I換気システムは床下換気です。

床下換気とは外からの新鮮な空気を室内から床下まで一緒に換気してくれるシステムです。

 

それによって何がいいのか?といいますと、24時間絶えずに乾燥した空気を床下から部屋中に循環させているので、床下にも湿気がたまりにくいのです。それにより、シロアリも腐朽菌も繁殖せず、木材の耐久性も高めます。腐りにくいとメンテナンスがすくなくて済みます。

 

床下はリフォームも多い場所ですので、しっかりと対策しておきたい場所でもありますよね(*^_^*)

 

ECO-I換気システムの吸気口は床にある。

 

ECO-I換気システムの吸気口は「各部屋の壁」ではなく、「各部屋の床」に設置してあります。その理由の一つとして、ホコリ対策です。

 

家の中のホコリや汚れた空気は上から下に落ちていき、床から30cmの高さまでにたまりやすいと言われています。高い壁の位置ではなく、床に吸気口があることにより、ホコリなど汚れた空気も吸い込みやすくなり、高い位置にないのでお手入れもしやすくなります。

 

空気は透明なので普段、気にしてないと思いますが、実は部屋の下に行くほど汚れています。汚れた空気は重たいので、下に溜まっていきます。一般的な第三種換気の24時間換気は壁の高い位置にとりつけられていますので、高いところの汚れていない空気を吐き出して換気していることとなります。これではせっかく換気をしてもお部屋の下部の空気は淀んだままです。

 

赤ちゃんをお持ちのご家庭では赤ちゃんが一番空気環境の悪い場所で生活することを与儀なくされています。しかし、それは現代の技術では「対処できること」なのです。

 

 

↓でも紹介しています!よろしければご覧ください(*^_^*)

ダニ、カビ、ホコリはECO-I換気で一発解消!!