寒い冬は床暖冬涼夏で乗り切りましょう!!

床暖冬涼夏とは?

 

床暖冬涼夏とは、室外機(ヒートポンプ)を熱源機として、温められた不凍液を放熱機へ循環させ、放熱した熱をECO-I換気システムを使い、家の中へ循環させるシステムです。

 

床下に設置してある放熱機から、輻射熱で足元からほんわか温めるので健康にもいいです。

 

何がいいのか。

 

床暖冬涼夏について、冬場と夏場に分けて、特徴をいくつか挙げていきます。

 

冬場の特徴・・・

・床下設置の温水式放熱ユニットで床を温め、輻射熱を床から放熱する。

 

・ECO-I換気システムによって床吸気グリルから暖気を室内に吸気する。

 

・換気の空気循環や、吹き抜け、シーリングファンによって全館に運ぶ。

 

夏場の特徴・・・

・床暖冬涼夏システムセットの二階ホール設置エアコンをメイン運転で冷気をつくる。

 

・冷気は、吹抜とシーリングファン、Eco-i換気の空気循環によって各部屋に運ぶ。

 

条件として・・・

・高性能な断熱サッシを使用した高断熱高気密のECO-I換気工法であることが条件。

 

・高性能な断熱サッシをしようした高断熱後記美優で、反射特殊シートやエコ屋根などの遮熱性能の高いECO-I工法であることが条件。

 

 

夏場はつないであるエアコンの冷気をから、冬場は放熱機からEco-i換気システムで冷気、暖気を循環させてお家の室温を調整します。

 

Eco-i換気システムに関してはこちら↓

ダニ、カビ、ホコリはECO-I換気で一発解消!!

どのように効率的なのか?

 

 

他社との違い・・・

上の表をみてもらうとわかる通り、利便面、コスト面からみても優秀であることがお分かり頂けるかと思います。

 

そして冷え性の方へ。

 

冷え性の対策として、暖房効果の高い空間をつくり、暖かい家に住むことで、寒い冬の冷え性を軽減できるとは思いませんか?

 

床暖冬涼夏は床下空間に放熱機を設置して、床下から室内を暖房し家全体を温めるのでヒートショックの心配も和らぎます。

 

また、調理、人体、風呂などからでる熱を約80%再回収する熱交換型住宅なので、エネルギーコストも少なく、快適にお過ごしいただけるかと思います。

 

寒い冬は床暖冬涼夏で乗り切りましょう!

 

 

ご興味ございましたら、いつでも、お電話お問い合わせフォームよりご連絡お待ちしております。

モデルハウスへの案内、資料の郵送をいたします。