ヒートショックの恐ろしさと対策

今回はタイトルにある通り、ヒートショックに関するお話です!(^^)!

 

ヒートショックとは、急激な温度差によって身体がうけるダメージのことです。

 

特に冬の寒い時期にかかりやすく、冬に温めた部屋から、温まっていない寒い浴槽、トイレ、屋外などへ移動すると体が温度変化にさらされます。

 

10度以上ほ変化があると、血管や脈拍が急激に変動して、心臓や血管に負担がかかります。ひどい場合には心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中などを引き起こす恐れがあります。また、めまい、失神といった症状がおこることもあります。

 

ヒートショックにより亡くなってしまう人が年間1万7000人にも及ぶといったデータもあるそうです。

 

家から外に出るときだけではなく、家の中でも10度以上の温度差があるとかかってしまう可能性があるため、油断はできません。

 

ヒートショックの対策としてできること。

・入浴前、後にはしっかりと水分補給をする。

・食後一時間は入浴を避ける。

・お酒を飲むなら入浴後に

・浴槽はぬるめを意識して長湯をしない

 

などがあり、ほとんどは急激な温度差を無くすように心がけることで、発症を抑えることができます。しかし、普段の生活で、そこまでのことは、あまり気にかけないのかもしれません。脱衣所、トイレなど、各部屋にエアコンをつけるわけにもいきませんよね。

そこでイシンホームでは「ECO-I換気システム」とゆう第一種換気システムが標準装備ですので、イシンの家ではお家の中の一部分だけの急激な温度の変化というのが少ないのです。詳しくは↓のリンクからご覧ください。

ダニ、カビ、ホコリはECO-I換気で一発解消!!

こうしたシステムを活用することにより、各部屋にエアコンをつけなくても、意識せずにお家の中の温度がなるべく一定に保たれて、ヒートショックにかかるリスクを減らすことができます。

 

ご興味ございましたら、いつでも、お電話お問い合わせフォームよりご連絡お待ちしております。

モデルハウスへの案内、資料の郵送をいたします。